こどもの遊び場体験記

さいたま市在住の2児の父親が独断で語る、こどもの遊び場体験記です

番外編 5/26 運動会

昨日、5/26は運動会でした。

涼しい日で助かりました。

わが子の成長と、友達同士で過ごす姿を見られるのは嬉しいですね。

 

開会式から見ていましたが、私の頃とは違いますね。

まず入場行進がありません。私の時は、キチンと整列し、足並みがそろうまで何度も練習「させられ」ましたけど。

それから国旗掲揚、国歌斉唱もありません。

時代が変わったのですね。

 

来賓の挨拶も少なくなったように思います。

ダラダラ、長々話を聞き、何人か貧血で倒れる(不謹慎ですが、あるあるですよね)

これがありませんでした。

開会式の時間は、私の頃より半分以下になったように思います。

(記憶ですので、いい加減ですけど)

 

また、校庭にはテントが用意され、子供たちの熱中症対策も万全です。

これも我々の時代とは大きく変わりました。

そして、何より子供が少ない。

私の時代は、1学年150人近くで4クラスありましたが、今は6~70人で2クラス(これでも多いほう)

子供より保護者のほうが多いですね。

 

では本番です。

かけっこ。

f:id:s-tateguya:20180527071042j:plain

TEN(兄)は、去年まで残念な結果(笑)が多かったのですが、最近メキメキとスピードアップ。

選抜リレーの選手の"補欠"になれたようです。

「練習はするのに本番は走れない」と残念そうでした。

 

f:id:s-tateguya:20180527071057j:plain

FUKU(弟)は、遅くは無いのですが、タイミングが悪いようで「よーい、ドン!」の「ン」を聞き終わってからスタートするので、順位は下のほう。まぁこんなものです。

 

f:id:s-tateguya:20180527073132j:plain

ダンス。かわいいですね。

 

f:id:s-tateguya:20180527073217j:plain

騎馬戦。個人戦ではなく、作戦ありきの団体戦で、大将の帽子(カブト)が最もポイントが高い。

なので、自軍の大将は逃げ、相手の大将首を狙う。

逃がすために邪魔をする騎馬。正面から向かうエース級の騎馬。

いろいろあって面白かったです。

 

f:id:s-tateguya:20180527073336j:plain

大玉ころがし。見えないですけど、玉の後ろにもう一人います(笑)

 

ほかにも組体操がありましたけど、写真を加工すると、なんだか分からないものになってしまったのでカット。

巷で話になるとおり、ケガの危険があるので年々組体操の規模は縮小されていますね。

ピラミッドも2段です。

物足りないようですが、逆に「なぜ、そこまでして続けるのだろう?」という疑問もおきます。

個人的には止めてしまっても良いと思いますけどね。

 

ちなみに、皆さんの地域では、運動会に勝ち負けはあるでしょうか?

私のところは紅組、白組に分かれて勝負します。

TENは赤、FUKUは白でした。

クラスも2分されるので、同じクラスでも勝った、負けたが分かれるという事になります。

賛否両論あると思いますけど、私は肯定派ですね。

「勝つために協力する」が身につく、いい機会ですからね。

うわさ話レベルですけど、順位をつけない運動会もあるようですが、面白くないと思います。

 

今年は紅組が勝ちました。

番外編 キャッチボール

グローブを買いました。

f:id:s-tateguya:20180520183312j:plain

FUKUと私は「親子グローブセット」

f:id:s-tateguya:20180520183323j:plain

TENは「小学校高学年用 軟式グローブ」

 

最近、小学生でも野球を習う子は少ないようで、グローブの使い方を知らないのは、珍しくないそうです。

まぁ知らなくて困る事も無さそうですし、公園でも「野球、キャッチボール禁止」も多いですから、グローブを使う機会もありませんからね。

 

早速、公園でキャッチボール。

(写真は無いです。私がキャッチボールの相手なので)

 

最初は捕れません。仕方ないですね。

ここで「面白くない!!」と諦めてしまうのでは困りますから「最初はグローブに当てればOK」と、「下手」ではなく「慣れていないだけ」と思わせて練習。

 

10分くらいで捕れるようになると、どんどん面白くなったようで、、、、

 

私、肩が動きません(涙)

 

5/5 かわはくを断念し、秩父方面へ

ゴールデンウィークは、どこに行っても混みますよね。

ですので、我が家的には「穴場」という認識だった、かわはく(過去記事12)に訪問。

9時に出発したので、10時過ぎには到着見込み。

例年、10時の到着でも、問題なく遊べるハズでしたが、、、、、

 

少々アクシデントがあり、到着が10時50分。

駐車場が、ほぼ満車状態です! 今までこんな事はありませんでした。

慌てて「荒川わくわくらんど」のチケットを買おうと、、、、、

なんと、15:20からしか空いていません!!!

 

少し考えましたが、諦めて別の場所を探すことにしました。

数年前までは「ゴールデンウィークでも遊びやすい」という認識でしたが、考えを改めねばなりません。

 

急ぎ「長瀞方面」を目指します。

と言って、明確に行先を決めているワケではなく「川遊びでもしようかな」程度の考えです。

運転しながら「そう言えば、こんなところもあったよなぁ」と記憶を巡らせ、気になっていた「梵天茶屋」に向かい昼食。

 

【店名】梵天茶屋

【所在地】秩父小柱401(公式HP無し)

 

わらじカツ丼が有名で、TVでも紹介されたことのあるお店です。

 

f:id:s-tateguya:20180508065304j:plain

駐車場は10台あるかないか、ですが、建物ヨコの道に路駐していましたね。

(お店の人にも「道路に停めて」と言われます)

 

我が家が訪問したのが11:50頃。

3組ほどいましたが、まだ余裕がありました。

ちなみに「ペットOK」のお店なので、先に来ていた1組は、大きな犬と一緒でした。

(ペット連れのお客様は、外側のテラス席だけみたいです)

 

少し待ち、来たのがコチラ

f:id:s-tateguya:20180508065609j:plain

わらじカツ丼(1100円だったと思います。1200円かも?)

大きなカツが2枚(120g×2) 甘いタレで仕上げた柔らかいカツです。

 

年齢的な事もあると思いますが、カツ2枚は多かったです。

半分で良いですね(^_^;

TEN(兄)もチャレンジしましたが、半分程度でギブアップ。

量ではなく、味と肉の油が厳しかったようです。

お子様向けではありませんね。

 

ほかにも、お蕎麦、うどんもあります。

f:id:s-tateguya:20180508065920j:plain

800円くらいだったかな?

お蕎麦の写真も撮ったんですけど、見当たらず。。。。

私的には、わらじカツ丼よりも、お蕎麦のほうがおススメです。

 

FUKU(弟)は、うどんと、TENが残したわらじカツ丼を半分。

私より大食いです。小2ですよ。驚きますね。

 

昼食を済ませ、次の目的地へ。

というか、コチラに来るとき、目に入った場所に向かう事にしました。

 

【施設名】スプラッシュガーデン秩父

【所在地】秩父市小柱326-2(公式HP

梵天茶屋から、車で5分程度の場所です。

オートキャンプやデイキャンプが楽しめる施設のようです。

 

f:id:s-tateguya:20180508184212j:plain

f:id:s-tateguya:20180508184221j:plain

写真と地図はHPより拝借。

住所の場所に行くと駐車場と事務所があり、そこで受付を済ませます。

基本的には予約してから行ったほうが良いみたいですが、たまたま1台分空いているとの事。

川遊びだけが目的でしたが、コチラでは「デイキャンプと同じ扱い」との事で、車1台(5人まで)3670円になります。

「ちょっと高いなぁ」と思いましたが、、、、、まぁ、ほかに行く当ても無いですし、探す時間も勿体ないので、ここで遊ぶ事にしました。

(結果、この料金でも満足できるほど遊べます)

 

 

f:id:s-tateguya:20180508184432j:plain

良い天気。良い風景。と、お気づきですか?

ゴールデンウィークなのに、空いているんですよ。

キャンプ場には、テントがたくさん出ていますし、車もたくさんありましたから、人は多いハズです。

が、川遊びをする世代(小学生が中心かな)が少ないようで、川近くには数えるほどしか人がいません。

まだ川遊びの季節には早いというのもあるかもしれませんが、ゴチャゴチャ人がいるよりは遊びやすい環境です。

 

f:id:s-tateguya:20180508184737j:plain

f:id:s-tateguya:20180508184755j:plain

デイキャンプの駐車場は、川に近い場所なので、移動もラクです。

すぐ近くにトイレもあります。こういう場所にありがちな「子供が嫌がるトイレ」ではなく、キレイに整備されたトイレです。

これが有り難いですね。

 

何の遊具も無く、遊び道具も無いのに、ここで2時間以上遊びました。

結果、料金も妥当だと感じました。

 

キャンプ場ですから、当然BBQもOKです。

デイキャンプは16時までですが、川に近い場所でBBQができます。

(増水していたらダメなのかもしれませんね)

花火もOKです。

 

 キャンプ場には、バンガローもありました。

エアコン付きでキレイでした。

箱の森プレイパークより、こっちに来ればよかったかも(ちょっと後悔)

 

埼玉にも、まだまだ楽しい場所がたくさんあるんですよね。

これから水遊びシーズン。もっと調べて楽しみたいと思います。

 

5/3 番外編 2段ベット買いました

5月のゴールデンウィーク初日。

三郷市IKEAに行き、こども用の2段ベットを見に行きました。

 

10:30頃の到着で、駐車場まではスンナリ入れました。

ウロウロしながら、どうにかベット売り場に到着。

 

選んだのはコレ。

f:id:s-tateguya:20180507183128j:plain

KURAという商品です。価格は2万円弱。

正確には2段ベットではなく、上段がロフトベット、下の空間はプレイスペースという形ですが、サイズ的に2段ベットとして使いやすそうと感じました。

と言うのが、上段が高い場合、天井との距離も近くなってしまい、圧迫感を感じるためです。

 

このベットにテント(?)を取り付けます。

選んだのはコチラ。

f:id:s-tateguya:20180507183647j:plain

4000円弱だったと思います。

これだけ見ると、ちょっとイメージがわきませんね。

 

取り付け後はコチラ。

f:id:s-tateguya:20180507183812j:plain

*写真はメーカーサイトより拝借。

 

もう1つ。柄は違いますけど、こちらのほうがイメージが近いかな。

f:id:s-tateguya:20180507184151j:plain

憧れの秘密基地ですよ!!!

(なんで秘密なんだろう。。。。)

 

私、家具を扱う商売をしておりますので、自分で作る事も考えました。

が、コスト的に、、、、、IKEAには歯が立ちません。

今回、ベットとマットなど含め、5万円ほどの出費でしたが、私が作ると、ベットだけでも5万円近くなります。

もちろん、品質面の問題はあります。「なるほど、これなら安く抑えられるなぁ」と感じる部分も多くありましたが、「こども用」と考えれば、十分な品質です。

 

それに「組み立て式」という面で、「誰にでも簡単にできる」とはいかない部分もあります。その分の低価格という認識ですね。

 

ただ、一つ気を付けなければならないのが、ベットのサイズです。

私が作るとすれば「日本の規格」ですので、100×210cmで作りますが、IKEAは90×200cmと、10cmほど小さいのです。

なので、ベットに合うマットレスを買う必要がありますから、ほかの量販店のパイプベットなどと比較すると、逆転で高くなってしまうかもしれません。

 

いや~。それにしても「秘密基地」は良いですよ!

 

 

 

予算

パパ友から「こんなにあっちこっち行って、随分お金を使ってそうだよね」と言われました。

確かに、、、、使い過ぎだと振り返る事もございます。

(収入は人並み程度ですよ。高収入ではございません。むしろ・・・・)

 

ただ、私がお金のかかる趣味が無く、自分にお小遣いを必要としませんので、それを家族でと遊ぶ予算に充てているという考えでございます。

特に贅沢をしているとは考えておりません。

それに、水筒やおやつ持参など、多少ではありますが節約も心掛けています。

 

また、これを励みに仕事を頑張れるという部分で、使った分以上の見返りがあると考えております。

こども達の成長は早いです。こうやって遊ぶ時間も、そのうちに無くなっていくと思います。

今しかできない、そういう考えもございます。

 

無料でも楽しい場所も多くあります。

予算を掛けないと遊べないものもあります。

上手に計画して、破産しないように気を付けて(笑)、できるだけ時間も用意して、いろいろな経験をしたい、させたいと考えております。

 

皆さま、色々調べていますね

ゴールデンウィークに入り、このブログの閲覧数が爆発的に増えました。

一週間前の、実に10倍近い閲覧数です。

こんな拙い内容のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

ご家族で遊びに行く計画を立てるのに、少しはお役に立っているでしょうか?

読みにくい、分かりにくいなどはございませんか?

 

もし「こういう場所が無いかなぁ」など、ご興味のある内容がございましたら、知っている限りでお答えいたしますので、コメントなどいただければ幸いです。

例えば「幼稚園の男の子が喜ぶ場所」など、ざっくりした内容で結構です。

 

最近、公園の遊具などが安全面や予算面で撤去が多くなったり、キャッチボールやサッカーも禁止になっている場所も増えたりと、子供が遊べる環境が少なくなりつつあります。

子供に「水鉄砲で遊びたい」と言われ、悩んだ事もございます。

私が小さいころであれば、何も気にする事は無かったのですが(迷惑を掛けていたのかもしれませんが)住環境の変化やルールの厳格化は、子供の遊び場をどんどん奪っていると感じます。

そんな中、できるだけ情報を共有して、子供と遊べる限られた時間を有意義に過ごせればいいなぁというのが、ブログ主の考えでございます。

 

まだまだ面白いスポットもございます。私も少しでも多くの経験をしたい、させたいと考えておりますので、皆様の情報などもいただければ嬉しいです。

 

これからもお付き合いのほど、よろしくお願いします。

 

ブログ主

4/28~29 那須塩原⑩ 見晴台マスつり場

【所在地】那須塩原市塩原1636(公式HP無し)

*詳しい情報は「じゃらん」にあります。

 

HPが無く、時期の問題もあったので、期待半分、不安半分での訪問です。

ちなみに駐車場はありません(理由はこの先で分かります)

源三窟の前に、市営駐車場(無料)があるので、そこから徒歩で向かいます。

おおよそ15~20分くらいですが、気候も良いので、良い散歩です。

 

f:id:s-tateguya:20180502175737j:plain

途中から川沿いを歩きます。裏道ではありません。これが正しいルートです。

(入り口の看板があります。源三窟側から来ると見落としやすいので注意)

 

先に橋が見えてきます。

f:id:s-tateguya:20180502175905j:plain

手作り感満載の橋を渡ります。

シギシしていて、少し不安です(笑)

 

f:id:s-tateguya:20180502180138j:plain

橋を渡ると建物が見えます。

お店の人に声を掛けると、釣りの案内があります。

ちなみに竿、餌は無料。釣った魚は全て買い取りになります。

 

f:id:s-tateguya:20180502180249j:plain

塩焼きが400円です。

「400円の塩焼きを食べられる遊び」と考えると、とてもコスパの良いアトラクションだと言えます。

 

f:id:s-tateguya:20180502180402j:plain

釣り糸を垂らすと、すぐにヒット。

 

釣り素人の私には分からないのですが、「釣れた!」と思って引き上げると、魚が外れてしまう事も多いです(不満という事ではありません)

これが、少しの難しさを演出してくれるので、釣れた嬉しさが増します。

 

f:id:s-tateguya:20180502180535j:plain

TEN(兄)は、優しい性格なので、動く魚を持つのに四苦八苦(笑)

FUKU(弟)は、あっさり捕まえます。

 

同じような施設に、「風布にじます釣り堀センター」があります。

(訪問記事

風布のほうが、初心者向けと言うか、都会人向けに感じますが、針が外せない(飲み込んでしまう、針が見えなくなっている)が何度もありました。

が、コチラは、針が口に引っかかっている程度で、針外しが無くても簡単に外せました。

針の形なのでしょうかね。素人なので分かりませんが、釣った後は容易でした。

 

f:id:s-tateguya:20180502181336j:plain

釣った魚はその場で料理してもらいます。

(食べる前が無くてスイマセン)

我が家はA定食(塩焼きとフライに、ごはん、お味噌汁のセット)をいただきました。

ボリューム満点でした。

さらに、イワナの刺身を追加。川魚は鮮度が良くないと美味しくないですからね。

ついさっきまで泳いでいた魚ですから、美味しくないワケがありません。

 

時期の問題なのか、場所の問題なのか分かりませんが、風布よりもニジマスの色が鮮やかで、まさに「虹色」でした。

また、サイズも大きかったように感じました。

 

釣りの楽しさと、出来立てのおいしさに大満足。

これで旅の締めくくりです。

 

今回の旅行は、私の計画の至らなさで、少し消化不良な感じでしたが、最後の釣りで全てがチャラになった(と思います)

 

コチラ(さいたま)と、那須塩原では、季節が1ヶ月ほど違うと思ったほうが良いようで、さいたまならGWから水遊びスタートの施設が多いのに対し、那須塩原は「まだまだ」という感じです。

「暑さを楽しむ」という季節ではなく、まだまだ「春の名残がある」という遊び方。

風景や花を見る旅という事です。

真夏になったら、避暑地として改めて来るかどうか、来るとすれば、また違った計画を立てるつもりです。

 

オマケ

f:id:s-tateguya:20180502182335j:plain

謎のスーパーサイヤ人孫悟空

「なぜここに?」という場所で見かけました。