こどもの遊び場体験記

さいたま市在住の2児の父親が独断で語る、こどもの遊び場体験記です

1/14 茨城ミュージアムパーク&坂東市観光交流センター 後半

訪問先に関しては、いろいろなサイトで調べていましたが、コチラの施設はノーマークでした。

もしかすると「子供向け」というカテゴリーでは無いのかもしれません。

HPには体験工房というものがありましたが、予約もしていないので「いきなり行ってもできないよなぁ」と、あまり期待せず「アルパカを見て、おやつを食べて帰ろう」という程度で訪問しました。

 

【所在地】茨城県坂東市岩井3351(公式HP

入場、駐車料金とも無料です。

f:id:s-tateguya:20180212103642j:plain

明治時代中期に建てられた造り酒屋の店舗兼主屋と、明治28年に建てられた旧大塚酒造本蔵を活かした施設だそうです。

車で訪問すると、施設の裏側に停める形なので、入り口がイマイチ分かりにくいかもしれませんが、この写真の左手に「グラスアート」という幟がある建物が案内所になっているので、そこで色々確認すれば大丈夫だと思います。

*駐車場から入ると、案内所は右手に見えます。

 

f:id:s-tateguya:20180212104141j:plain

案内所の中は、地元の工芸品やお酒の展示があります。

ここでは販売はありませんが、別の場所にお土産屋さんはあります。

 

ここで体験工房に参加できるか確認。すると「30分後であればOK」というありがたい回答。

施設内をウロウロしているだけで、あっという間に30分経過。

 

f:id:s-tateguya:20180212104611j:plain

初心者向けは型吹きという事でしたので、そちらを申し込みました。

「宙吹き」は、失敗するリスクもあるそうです。せっかくですから失敗せずに持ち帰りたいですからね。

 

f:id:s-tateguya:20180212104737j:plain

完成(予想)品の色を選びます。

 

f:id:s-tateguya:20180212104924p:plain

やけど防止の為、手袋などを装着。

少しずつ緊張してきます。

 

f:id:s-tateguya:20180212105203j:plain

道具の使い方など、最初に一通り説明を受けます。

説明してくださった女性、失礼ながら「助手」だと思っていましたが、しっかりとした作家さんだそうです。お若いのに立派です。

説明も、こども向けで丁寧。良い先生に当たって助かりました。

 

f:id:s-tateguya:20180212105630j:plain

早速実践。写真の都合上、TEN(兄)とFUKU(弟)が一緒にやっているように見えるかもしれませんが、実際には一人ずつです。先にTENがやって、終わってからFUKUが作ります。

マンツーマンで指導してもらえるという事です。

f:id:s-tateguya:20180212105824j:plain

高温になる窯にガラスを入れ、回し、色を付ける材料を入れて、また窯に戻し、こういう一連の作業を繰り返していきます。

全て先生が一緒なので安心ですね。

f:id:s-tateguya:20180212110913j:plain

型に入れて息を吹き、形を作ります。この型を使うのが「型吹き」

 

f:id:s-tateguya:20180212111028j:plain

道具を使って、口の形を整えていきます。

完成品は、口が少し歪でした。これが「こどもが作った作品」という味を出してくれて嬉しいです。

 

f:id:s-tateguya:20180212105957j:plain

だいぶ途中経過を省きましたが、完成一歩手前です。大満足です。

あとは、棒からガラスを外して完成です。これはスタッフの方がやってくれます。

 

続いてFUKU。

f:id:s-tateguya:20180212111311j:plain

背が低いのでたいへんだったみたいです。

f:id:s-tateguya:20180212111426j:plain

棒の長さより背が低いので、ビールケースで高さ解消(笑)

いや、笑ってはいけないです、本人は真剣そのものです。

 

f:id:s-tateguya:20180212111613j:plain

FUKUも完成しました。

 

今回の体験は兄弟だけの参加でしたので、こちらのペースで進めてもらえました。

団体では、こういう訳にはいかないかもしれません。

スタッフの方も丁寧ですし、とても優しい指導でしたので、こども達も大満足でした。

 

とある口コミサイトへの投稿では「せっかく来たのに休みだった」という意見がありましたので、開催、参加可能かどうかは訪問前に確認したほうが良いかもしれません。

また、同じ口コミに「体験というより、スタッフの方がほとんど作っているだけ」という意見もありました。

確かにその通りですが、こども向けという意味では充分な体験です。

経験者で、本格的なものを考えると物足りないのかもしれませんね。

 

今回の体験は、このガラスと別に

f:id:s-tateguya:20180212112126j:plain

トンボ玉(?)作りに参加しました。こちらはTENだけです。

FUKUは1個(1種類)の参加で充分だったようです。

 

また、陶芸や木工の体験もあります。

f:id:s-tateguya:20180212112417j:plain

フクロウ体験は、完成品の木彫りに顔や模様を描くもの。

 

f:id:s-tateguya:20180212112458j:plain

ボールペンは、本体を作るようです。世界に1本しかないボールペンが作れるという事。

次回、これに参加しようと考えています。

 

そういえば「アルパカ見て」と思って訪問でしたね。

f:id:s-tateguya:20180212112612j:plain

f:id:s-tateguya:20180212112838j:plain

ふれあい動物園というイメージですね。見て、餌をあげる程度です。

アルパカ、ポニー、ウサギがいたと思います。

 

午後からの訪問でしたが、時間的にはちょうどよかったと思います。

一日中遊ぶというより、体験に合わせて訪問し、ちょこっと遊ぶというのが良いかなぁと。

と言うのが、施設内に食堂、レストランの類はありません。

(コーヒーショップ、大判焼きのお店はありました)

休憩室があり、食べ物の持ち込みOKだそうなので、昼食をはさむならお弁当持参が良いと思います。

 

ちなみに、ガラス(コップ)は、2~3日後の完成になります。冷ます時間だと思います。

直接取りに行っても良いですし、郵送も受け付けてくれます(送料は負担になります)

我が家は郵送で頼みました。

また行きます。

 

 

1/14 茨城ミュージアムパーク&坂東市観光交流センター 前半

またまた更新が滞っておりました。

今回は定番の訪問先である「茨城ミュージアムパーク」への訪問です。

細かい概要は、過去記事参照とさせていただきます。

 

訪問の目的は企画展。

f:id:s-tateguya:20180212101615j:plain

定期的に開催されます。今回はサメですね。

f:id:s-tateguya:20180212101655j:plain

f:id:s-tateguya:20180212101738j:plain

同時開催で、ペットボトルで作った作品の展示がありました。

幻想的で美しいですね。

 

f:id:s-tateguya:20180212101847j:plain

f:id:s-tateguya:20180212101931j:plain

毎度思いますが、私が子供の頃も、こういう類の展示開催はあったのでしょうか?

あったけど連れてきてもらえなかったのか? そもそも無かったのか。。。。

大人になってからも充分楽しめる内容です。

 

私は、子供にいろいろな経験を積んでもらって、その中で「自分自身で適性を考えてほしい」と考えています。

科学館、博物館への訪問は、子供にとっては「遊びの一環」かもしれませんが、少しでも興味を持つ、いい機会だと考えて、いろいろな場所に何度でも連れて行きます。

TEN(兄)は、小さいころから大好きで、じっくり時間をかけて見て回ります。

FUKU(弟)は、じっくり見るという事が苦手で「早く次に行こう」と急かしていましたが、最近では少しずつですがじっくり見るようになりました。

「これ、なんだろう?」と考えるようになったようです。

親としては、科学や考古学などに興味、関心を持って欲しいわけではありませんが「これ、なんだろう?」という、何事にも興味を持ってもらえる子になって欲しいと願っています。

 

一通り見終わって、定番のランチ「恐竜カレー」です。

f:id:s-tateguya:20180212102920j:plain

恐竜の形をしたニンジンを見つけると記念品がもらえます。

過去、TENは見つけたことがありますが、FUKUは毎回入っていません。。。。

今回も残念でした。

 

と、これで帰るつもりでしたが、「坂東市観光交流センター 秀緑」という幟を見つけ「アルパカがいるよ」という言葉につられ、訪問することにしました。

案内図では、ミュージアムパークから10分ほどのようです。

 

後半に続きます。

 

 

口コミと評価

訪問先の記事も滞っていますが、ちょっと個人的な意見を書かせていただこうと思います。

 

私のブログは「私個人の意見」で書いていますので、私(と家族)が満足であれば、良い内容で書いています。逆も然りです。

とあるサイト(大変お世話になっているサイトです)の口コミに「最悪」とまで書かれていた施設に訪問したのですが、我が家は大変満足でした。

だからと言って、そのサイトの評価が間違っていると言いたいわけでは無く、自分自身の感覚がおかしいという意味でもございません。

要は「個人的な見解である」という大前提を踏まえて、私のブログも読んで欲しいという事です。

 

その「最悪」という場所、近日中に書きますが、なるほど「最悪」「二度と来ない」と感じるであろう部分は、確かにありました。

仮にアンケートを取ったら「改善すべき点」と挙げられる部分だと思います。

が、もし改善点を全て解決したら、入場者やリピーターは増えるのか?

今度は「混雑しすぎて楽しめなかった」となるかもしれません。

もしかすると、施設運営上「狙い通り」なのかもしれません。

 

こういった部分も考えた上で、私個人の偏見にお付き合いいただければ嬉しいです。

 

 

1/7 「DINO-A-LIVE」~不思議な恐竜博物館

f:id:s-tateguya:20180212083435j:plain

この記事を更新しているときには終了しているイベントです。申し訳ありません。

もしかすると別会場で開催されるかもしれません。

我が家の記録として記事にします。

 

今回の開催場所は、所沢駅の目の前、くすのきホールです。

【入場料金】大人¥3.500- こども¥2.000-

おおよそ1時間弱のイベントです。

 

f:id:s-tateguya:20180212083749j:plain

開催30分前に到着しましたが、、、、油断しました。いい席は満席。

後列で見るしかありません。

f:id:s-tateguya:20180212083915j:plain

写真では分かりにくいですが、動きますし、吠えます。

最初は撮影NGと説明されますが、ほとんど無視でした。。。。。

途中から「フラッシュNG」という条件で撮影にGOサインが出ますので、コソコソ隠し撮りする必要はありません。

 

で、、、、、、

f:id:s-tateguya:20180212084406j:plain

間近で動きます。こりゃ、泣きますよね(笑)

阿鼻驚嘆です。

 

最前列のほうが楽しめるのは間違いありませんが、よほど離れた席でなければ、「気を使って」近くに来てくれます。

どういう仕組みなのか分かりませんが、かなりリアルです。

ロボット??? 中に・・・・まぁ夢を持ちましょう。

 

f:id:s-tateguya:20180212084702j:plain

ステージ終了後です。

 

時間は短くちょっとお高めなイベントでしたが、大満足でした。

1/5 バッティングセンター

遠出ばかりでも疲れるので、少しゆっくり過ごす事に。

と言っても、何もしないと退屈で、近くのバッティングセンターに行きました。

【施設名】アーデルバッティングドーム

【所在地】さいたま市岩槻区府内2-1-10(公式HP)

 

私自身、野球経験はゼロに近いので、あまり偉そうな事は言えません(笑)

f:id:s-tateguya:20180108181134j:plain

キレイな施設ですし、よくある「ゲームセンター併設」ではありませんので、余計な心配不要です。

たまたまなのか、いつもなのかは分かりませんが、一番初心者向けの場所(右打席 70km)が100円でした(ほかは300円)

私もチャレンジ、素振りではなく、バッティングしましたよ。

 

1/4 西武園ゆうえんち

【施設名】西武園ゆうえんち

【所在地】所沢市 山口2964公式HP

*雪の王国は期間限定 12/16~3/4まで

 

「雪の王国」という、雪遊びのイベント目当ての訪問です。

なので、遊具の乗り放題(フリーチケット)は買いません。

入園料は、大人1.200円。こども500円。コスパがいいとは言えないかもしれませんが、贅沢と言う事も無いかなぁ。

ただ、遊具以外、楽しみは少ないです(動物や無料の遊具などが無いからです)から、雪の王国が無ければ、入園料+遊具フリーの2.800円(こども料金)計算ですね。

*付き添い無しで乗れるものが多いので、大人はフリー不要です。

 

現地に9:50分到着。駐車場にスンナリ入場。すでに20台ほど入庫済み。

すぐに入場口に向かい、チケット購入。

(開園より少し前からチケット販売が始まりますが、日が悪いのか、スタッフのモタモタにものすごくイラつきました)

10時開園。チケットのモタツキがあり、我が家の入園は10分遅れ。

 

夏場はプールとして使われている場所に直行。そこが雪の王国会場です。

入場には大人800円。こども500円が必要です。

(遊具フリーは使えず、割引だけのようです)

 

f:id:s-tateguya:20180108173252j:plain

到着直後の様子。ほぼ貸し切り状態です。

誰も使っていないようなのでスタッフに「遊んでいいですか?」と尋ねるも無視。

敢えて書きますが、ここの会場は、スタッフの対応、仕事ぶりは「最悪」です。

問い掛けは無視。ルールを守らないお客様への注意も無し。スタッフ同士は雑談に夢中。

もちろんしっかりした方もいましたが、危険行為を放置するのは納得できません。

ルールを守らない人が悪い。確かにその通りですけど「ルールを徹底しない」施設側にも問題ありだと感じます。

 

さて、気を取り直して、遊びの様子を

f:id:s-tateguya:20180108174651j:plain

開始直後。人影も疎らです。人口の雪なので、ちょっと堅いですね。

f:id:s-tateguya:20180108174735j:plain

雪を丸く固める道具。こういう道具やシャベル、小さいバケツなどは無料で貸し出しになっています。

ある口コミサイトでは「数が少なく、使えなかった」とありましたが、今回は余るほどありました。

数を増やしたのか、たまたまなのかは分かりません。心配であれば、遊べる道具を持参したほうが良いかもしれません(持ち込みに制限は無さそうです)

f:id:s-tateguya:20180108174940j:plain

自分でつくった雪玉を、膝蹴りで割って遊んでいます。

雪国では信じられないかもしれませんが、雪の少ない地域では、この程度でも大興奮なのです。

f:id:s-tateguya:20180108175115j:plain

ソリ遊びです。開園直後は貸し切り状態でしたが徐々に混雑。でも長時間待つという程ではありません。

ソリは持ち込みもOKみたいですが、500円でレンタル可能です。

ちなみに、雪の王国は入退場自由。途中、別の場所で遊んできても大丈夫です。

その際、ソリなどは返却しますが「また使います」と伝えれば、次回のレンタルは無料です。

 

ここの周辺はアイスバーン状態なので、転んでいる親御さんもたくさんいました。

 

危険行為というのは、このソリの事。

遊んでいる人ではなく、見ている大人です。

「写真撮影は場外で」という注意書きもありますが、コースの目の前まで行って撮影しています。

カメラに夢中なので、小さい子にぶつかる事もしばしば(転倒している子もいます)

スタッフの目の前で起きているのですが、スタッフは注意せず。

(注意しているスタッフもいましたけど、少数でした)

その大人が邪魔で、ソリの順番がスムーズに行かず、渋滞している事もありました。

とても残念です。

 

が、子供たちは楽しく遊んでいました。

お昼休みを挟んで、午後も1時間ほどソリで楽しみました。

 

その後、「スマートバランスホイール」で遊ぶ事に。

これは、前回訪問時(春休み)にやりたかったのですが、時間が足りず断念したものです。

当時は30分/1000円だったような気がしますが、今回は15分/500円。

このほうが多くのお客様が楽しめますからね。

f:id:s-tateguya:20180108180136j:plain

インモーション(セグウェイみたいな遊具)は経験がありますが、コチラは初体験。

少し練習するだけで、すぐ自由行動になります。

f:id:s-tateguya:20180108180243j:plain

一度に4人遊べますが、予約(当日)が必要。早めに予約したほうが良いです。

我が家は30分待ちでしたが、我が家の後に来たお客さんは1時間待ちになっていました。

f:id:s-tateguya:20180108180352j:plain

TENは少し苦戦。もう少し練習が必要ですね。

f:id:s-tateguya:20180108180433j:plain

FUKUは、あっという間に上達。楽しそうでした。

 

ラウンドワンなどでも楽しめるそうですから、機会があれば、またチャレンジします。

 

余計なアドバイスになるかもしれませんが、このスマートバランスホイールをやっている会場、ネットの地図と実際の場所が違いました。

現地で用意されているパンフレットが正しいですので、ご注意ください。

 

 

今日も一日遊びました!

 

 

1/3 牛久大仏

牛久大仏

【所在地】茨城県牛久市久野町2083公式HP

 

これも恒例になっています牛久大仏への訪問。

午前中に書初めを済ませてから出発です(書初めは、私がスパルタ教育(笑))

Uターンが始まっていますが、我が家から牛久は逆方向なので、渋滞無しで1時間弱で到着。

3ヶ日は拝観料が無料。その代わり、大仏の胎内の入場に制限があります。

普段はエレベーターで上まで行けますが、3ヶ日は3階までです。

 

ここでフリードの乗車レポート。

高速では「ホンダセンシング」の能力が大きく発揮されました。

ACC(アクティブクルーズコントロール)で車速を設定。

これがとてもラクでした。

高速(100㎞/h)で設定すると、前の車に「100㎞/h上限で」追従します。

前の車が遅ければ自動で減速。早すぎても100㎞/hを超えないので、アクセル操作が不要です。これ「思ったより飛ばし過ぎていた」が防げるので助かります。

それと、車列(車線)を認識してくれるので、ハンドルも自動で動いてくれます。

高速(60㎞/h以上で信号が無い)なら、ほぼ自動運転になるという事です。

慣れないうちは緊張のせいでラクさを感じませんが、慣れると油断しまくりになります(危険ですよね。しっかりハンドルを握り、前は見ています)

 

と、ちょっと話が逸れましたが、無事、現地到着。

少し早めの昼食を摂ります。3ヶ日は露店も出ていますが、当日は風が強くとても寒いので、園内の食事処でいただきました。

座席数は30席前後だと思います。幸い座れましたが、12時を過ぎたら混んでいました。

f:id:s-tateguya:20180108165726j:plain

正門で鐘つき。定番です。

f:id:s-tateguya:20180108165908j:plain

鐘をついてから大仏に向かいます。この日は風が強くて寒かった。

f:id:s-tateguya:20180108165948j:plain

途中にある鐘をつく。なぜつくのか? そこに鐘があるからです。

 

f:id:s-tateguya:20180108170031j:plain

真下から撮影。比較対象が無いので大きさが伝わりにくいかもしれませんが、120mの高さです。

ちなみにシンゴジラが118m。私が小さい頃に記憶したゴジラは50mだったのですが、成長したようです(笑)

ゴジラ並のサイズとご記憶ください。

 

胎内に入場。なんとなく写真は憚られると思い、撮影していません(NGでは無いと思います)

 

その後、小動物園へ(有料。大人500円。こども300円)

昔はリスがたくさんいたのですが年々減少。

飼育しているタイワンリス外来種で制限があるからだそうです。

結婚前に彼女(もちろん今の家内ですよ)と一緒に来た時は、足元を走り回るリスが可愛かったですが、まぁ仕方ないです。

でも、ヤギ、イノシシがいますし、

f:id:s-tateguya:20180108170752j:plain

ウサギ、モルモットの触れ合いができます。ウサギはたくさんいますが、抱っこ禁止なので、撫でるだけです。

(ヘタに抱っこするとショック死するそうです。知らなかった)

 

また、正月限定ですが

f:id:s-tateguya:20180108171046j:plain

f:id:s-tateguya:20180108171100j:plain

フクロウ、ミミズク、アルパカの親子がいました。もちろん触れます。

戌年ですけど、犬は居ぬ」でした。

 

そして

f:id:s-tateguya:20180108171158j:plain

猿の曲芸。動物嫌いの私にとっては「何が面白いのだろう?」なのですが、こどもは大好きみたいです。

また

f:id:s-tateguya:20180108171249j:plain

マジックショー。去年も同じ人でした。

去年は「こどものお手伝い」があって、なんとTENが指名されたのですが、今年はお手伝いはありませんでした(何かやっちまったのかもしれませんね)

 

それにしても寒い。よくあの寒さでマジックができるものです。

けっこう本格的ですから、見ごたえ充分ですよ(たまにタネが見えますけど、ご愛敬)

 

満足な一日です。

帰りは渋滞の心配もありましたけど、現地を16時前に出たおかげもあったようで、本格的な渋滞前に帰宅できました。