こどもの遊び場体験記

さいたま市在住の2児の父親が独断で語る、こどもの遊び場体験記です

7/14 休暇村奥武蔵(高麗川)川遊び

夏本番! 今年はとにかく暑いですね!

こういう時は水遊びに限ります。今回の訪問先は、我が家の定番スポット『休暇村 奥武蔵』です。

【所在地】飯能市吾野72(公式HP

岩槻ICから東北道圏央道と走って鶴ヶ島ICで降り、そこから40分程度かかります。

我が家から、片道1時間20~30というところです。

f:id:s-tateguya:20180718180237j:plain

宿泊施設とレストラン、日帰り温泉が楽しめる施設です。

昨年も数回来ましたが、最近リニューアルしたようで、特に温泉が広くなったという情報を得ました。

が、、、、、この先はおいおい書くとします。

 

10時30分頃の到着。

f:id:s-tateguya:20180718181049j:plain

駐車場から歩いて数分。施設の裏側が高麗川になります。

 

f:id:s-tateguya:20180718180609j:plain

f:id:s-tateguya:20180718180618j:plain

f:id:s-tateguya:20180718180631j:plain

それほど混んでいません。到着時は7~8家族で、総勢20人程度だったと思います。

お昼頃には、徐々に増えてきましたが、昨年の悪天候の時のほうが混んでいました。

まだシーズン前という事かもしれません。

ちなみにBBQ禁止ではありません。

 

f:id:s-tateguya:20180718180739j:plain

f:id:s-tateguya:20180718180750j:plain

f:id:s-tateguya:20180718180759j:plain

流れが急なところ、滑りやすいところもありますが、深いところでも大人の膝くらい。

手をつないで歩けば、よちよち歩きでも大丈夫だと思います。

2~3歳くらいのお子様もいました。

 

f:id:s-tateguya:20180718180924j:plain

日陰が多いので、レジャーシートでも充分ですが、我が家は荷物置き場と更衣室を兼ねてテント持参。

平らな場所が少ないので、混んでいる時は場所取りが大変かもしれません。

 

f:id:s-tateguya:20180718181204j:plain

水はキレイで、魚がたくさんいます。

釣りも楽しめるようです。

 

12時、昼食

f:id:s-tateguya:20180718181304j:plain

施設内のレストランです。

テーブルが8~10、それぞれに4~6脚の椅子なので、それほど広くありません。

宿泊客優先(予約席)になっているので、実際は半分程度かもしれません。

f:id:s-tateguya:20180718181450j:plain

f:id:s-tateguya:20180718181458j:plain

内装自体は変わった様子がありませんが、メニューはリニューアルしたようです。

が、、、、、ここからはマイナス意見。

こどもが食べられるのが少ない。。。メニューとしてはカレーだけ。

うどんがあれば取り分けもできますが、蕎麦しかありません。

幼い子はアレルギーのリスクを考えて蕎麦は食べませんので、実質、カレーだけしか無いという事です。

以前は違ったような、、、、

f:id:s-tateguya:20180718182109j:plain

私はお蕎麦をチョイス。天ぷら付きで¥1.500- 正直高いです。

美味しいですけどね。。

 

昼食を済ませ、また川遊び。だいたい15時近くまで遊び、そろそろ温泉にとなったのですが、、、、

なんと15時で終了(受け付けは14:30)!!!

 

昨年は16時までやっていました! 間違いありません!

昨年の訪問記録

 

休暇村は、我が家の定番スポットから外れそうです。

空いているように感じたのも、もしかすると我が家と同じ感想をもった方が来なくなったのかも?

日帰り、子連れ客に優しくない施設になってしまいました。

 

仕方なく、片道30分かけて「さわらびの湯」に訪問

f:id:s-tateguya:20180718182605j:plain

【所在地】飯能市大字下名栗685(公式HP

まぁ、温泉としては満足です。激コミでしたけどね。

 

 

夏休みの計画

もうすぐ夏休みですね。

今年はどこに行こうかな?

いろいろ計画していますけど、天気次第という部分もありますので、決定は直前になりますね。

さて、今、計画をしている訪問先です。

*順番に意味はないです。

 

長瀞(ライン下り、流しそうめん

これは100%行くと思います。毎年の定番ですので。

 

●小松沢レジャー農園(昆虫採集 川遊び)

昆虫採集にお金をかけるのも、、、、そういう時代になりました。

 

●休暇村 奥武蔵(川遊び&温泉)

昨年も数回訪問。お気に入りの穴場スポットです。

 

那須方面

行きたいと思いつつ、ここ最近行けてません。

◇SLランド(鉄道が食事を運んでくるレストラン&レジャースポット)

◇トレジャーストーンパーク(宝石発掘)

那須ハイランドパーク

りんどう湖

 

日光江戸村

TENが久しぶりに行きたいと。

 

サンシャイン60

◇Jアワード

◇水族館

◇展望台

1日だとちょっと足りないくらいですね。

高所恐怖症の私は、展望台には行きたくないのですが、、、、

 

ひたち海浜公園

水遊びが充実している公園ですね。

ちょっと遠いので、難しいかもしれません。

 

ツインリンクもてぎ

何度行っても飽きないです。

夏休みだけのイベントもあるみたいです。

 

●イバライド

定番中の定番で、しかも穴場。

夏休みの土日にやっている「水鉄砲バトル」が目当てです。

 

●山(ざっくりでスイマセン)

宝登山でもいいかな。

ロープウェイではなく、歩いて登ってみたいです。

FUKU(と私)の体力を考えると、1時間以内で登れるところを探しています。

 

鉄道博物館

リニューアルしたみたいなので、数年ぶりになりますが、行ってみたいです。

以前は年パスを持っていたので、年間10回くらい行きましたけどね。

 

あぁ、書ききれない。

休みも足りない。

 

6/30 寄居町 風布(ふうっぷ)川 (*川遊びの準備)→

暑くなってきましたね!

水遊びシーズンの到来です。

----------------------------------------------------------------------------

さて、訪問先の紹介前に、川遊びの準備について

 

f:id:s-tateguya:20180708103428j:plain

今年はライフジャケット(フローティングベスト)を用意しました。

通販で¥1.500前後で買えます。

恥ずかしながら、私は泳ぎが苦手ですので助ける自信がありません。

万が一という時のため、着用して遊びます。

 

ちなみに、本格的なライフジャケットよりも「フローティングベスト」のほうが動きやすいようです。

子供向けの商品もたくさんあります。

----------------------------------------------------------------------------

 

今回の訪問先は風布(ふうっぷ)川です。

車で行く事になると思いますが、川ですので住所はありません。

「日本の里」という施設を目指すと分かりやすいです。

【所在地】寄居町大字風布74番地 *日本の里(やまとのさと)

 

f:id:s-tateguya:20180708102004j:plain

ちょっと地図が小さいですね。。。。

青線部分が風布川だとお考え下さい。

航空写真で分かる通り、森林に囲まれた川です。

ちなみに「風布にじます釣り堀りセンター」から近いので、以前は釣りをしてから遊びに来ました。

 過去記事① 

地図の左下にある皆野寄居バイパス(有料道路)の寄居風布ICで降りると「日本の里」の案内看板があります。

「有料道路」としましたが、深谷方面から来る場合は、寄居風布まで無料ですのでご安心ください。

ICを降りると右手に無料駐車場があります。

元々は観光案内所だったようですが、今は使われていないようです。

 

そこをスルーして日本の里まで行っても問題ないです。

f:id:s-tateguya:20180708102956j:plain

ちょっと分かりにくいのですが「日本の里」というのはレストラン&休憩所だとお考え下さい。

そこにも無料駐車場があります(一応、日本の里を利用する方向けですが、お店で聞いたらレストランを使わなくても問題ないそうです)

BBQも可能です(要予約)

こちらのほうがトイレがキレイなので、お子様向けかもしれません。

 

無料駐車場側、日本の里側、どこからでも川に入れます。

f:id:s-tateguya:20180708103118j:plain

日当たりの良い場所でも、気が生い茂っているので、日差しは厳しくありません。

 

f:id:s-tateguya:20180708103209j:plain

写真にするとイマイチ伝わりにくいのですが、水は透き通ってキレイです。

 

f:id:s-tateguya:20180708103310j:plain

小魚がたくさん泳いでいるので、小さい網があると楽しいです。

沢ガニもたくさんいます。

f:id:s-tateguya:20180708105948j:plain

網&バケツは必須アイテムですね。

帰りには川に戻してあげます。

 

f:id:s-tateguya:20180708103933j:plain

空いているので、水鉄砲で遊んでも迷惑が掛かりません。

 

f:id:s-tateguya:20180708104027j:plain

f:id:s-tateguya:20180708110031j:plain

川は長いので、探検気分で散策できます。

一番深いところで子供の腰くらい。溺れる心配は無いと思います。

 

f:id:s-tateguya:20180708104135j:plain

深いところにむかって、滑り落ちる遊びです。

少し水が少ないかな? 昨年はもっと急に感じました。

 

川遊びというより、沢遊びと言ったほうが適当かもしれません。

溺れる心配は無いですが、滑って転ぶことはあるかもしれないですから、水着より「濡れても良い長そで」のほうが安全かもしれません。

 

それから、日本の里で食事はできるのですが、座席数が少ない事、出てくるまで時間がかかる事を考えると、お弁当持参が良いかもしれません。

 

 

10:30到着で15時まで目いっぱい遊び、次は温泉を目指します。

体を洗って帰りたいですからね。

 

f:id:s-tateguya:20180708111041j:plain

 

【施設名】かんぽの宿 寄居

【所在地】寄居町末野2267(公式HP

【日帰り入浴】800円(こども400円)

 

日本の里から片道15分くらいで行けるので便利です。

f:id:s-tateguya:20180708111429j:plain

内風呂2、露天1と、規模は小さめですが、屋上なので、眺めが良いですね。

ちょっと暑かったですけど、楽しかったです。

16時くらいから、宿泊客と思われる人が増えてきましたが、それまでは貸し切り状態でした。

 

川遊び&温泉。また来ます。

おススメのホタル観賞会場 岩槻公園

今年の開催は7/14(土)~7/15(日)いずれも19:30開始のようです。

 

改めて紹介します。

まず駐車場。無料ですし、全く混みません。良い事と肯定的に考えますが、宣伝が弱いのかもしれませんね。ほかの会場とは比べ物になりません。

ちなみに城址公園はとても広い公園ですが、会場はコチラ

f:id:s-tateguya:20180617102001j:plain

縮尺の関係で分かりにくいかもしれませんが、「市民会館いわつき」側にある「多目的広場」が会場です。駐車場の横に入り口があり、そこから歩いて向かいます。

駐車場から離れている分、ヘッドライトで邪魔されるという事もありません。

 

保存会(という言い方で良いのかな?)が用意した、ホタルの生態などが分かる資料展示もあります。

会場は、新しい村と同じように、自然に放す見せ方です。

範囲が狭いので密度は高く、空いているので見応えがあります。

マナーも、桶川に比べれば良いかなぁと思いますが、こどもの懐中電灯遊び、比較的高齢者のフラッシュ撮影(ダメと言ってもムダ)は、諦めたほうが良いのでしょうね。。。

ただ、空いているので待つ事は無く、人を掻き分けて見るという事もありません。

放している場所も、観賞場所から少し離れているので、勝手に捕まえるという事もありません(飛んでくるホタルはいます)

小さなお子様はおススメかと思います。

おススメのホタル観賞会場

独断と偏見、私が行った時と状況が変わっている可能性もあるという前提で書きます。

 

我が家が訪問した事がある会場は、桶川市の「富士見ホタル親水公園」、さいたま市岩槻区の「岩槻城址公園」、そして今年の宮代町「新しい村」です。

そして計画中なのは「川口グリーンセンター」行ったら記事にしますね。

 

まず「富士見ホタル親水公園」名前から連想可能ですね。

今年は6/29~7/1まで開催するようです。

6年前~3年前まで、ほぼ毎年、行きました。

知識が無かったので「ホタル観賞と言えば桶川」と思い込んでいただけです。

年々混雑が激しくなったように感じ、3年前を最後に行かなくなりました。

ですので、情報は「3年以上前」という事でお願いします。

 

こちらは、公園内にあるハウスでホタルを観賞します。

f:id:s-tateguya:20180617094817j:plain

それほど広くないですが、その分、密度が高く四方八方に飛び回るホタルを見る事ができます。

が、狭い分、渋滞が発生します。けっこう待ちます(年々待ち時間が長くなっているように感じます)

また、会場にも駐車場はありますが、年々混むようになり、最後に行った時は、かなり離れた臨時駐車場まで案内されました。

 

また、これも仕方ない部分もあるかもしれませんが、ホタルに向かってフラッシュ撮影。懐中電灯を照射。

注意する人がいませんので、ダメという事を知らないのかもしれませんが、ほかの会場と比較すると、ここが一番ひどかったです。イライラしました。

それもあり、ここ数年は行かなくなりました。

お子様はオモチャがもらえる(しつこいですが3年以上前の話ですよ)ので、それもあって混んでいたのかもしれません。

 

 

次に、さいたま市岩槻区の「岩槻城址公園」

ココもおススメです。理由は「とても空いている」からです。

スイマセン。紹介できる写真が無いです。。。。

ここ数年、毎年行っています。コチラに行くようになったので桶川に行かなくなったという事です。

毎年、7月中旬から下旬の土日に開催されます。

7/8追記 今年は7/14~15の開催です

 

まず駐車場。無料ですし、全く混みません。良い事と肯定的に考えますが、宣伝が弱いのかもしれませんね。ほかの会場とは比べ物になりません。

ちなみに城址公園はとても広い公園ですが、会場はコチラ

f:id:s-tateguya:20180617102001j:plain

縮尺の関係で分かりにくいかもしれませんが、「市民会館いわつき」側にある「多目的広場」が会場です。駐車場の横に入り口があり、そこから歩いて向かいます。

駐車場から離れている分、ヘッドライトで邪魔されるという事もありません。

 

保存会(という言い方で良いのかな?)が用意した、ホタルの生態などが分かる資料展示もあります。

会場は、新しい村と同じように、自然に放す見せ方です。

範囲が狭いので密度は高く、空いているので見応えがあります。

マナーも、桶川に比べれば良いかなぁと思いますが、こどもの懐中電灯遊び、比較的高齢者のフラッシュ撮影(ダメと言ってもムダ)は、諦めたほうが良いのでしょうね。。。

ただ、空いているので待つ事は無く、人を掻き分けて見るという事もありません。

放している場所も、観賞場所から少し離れているので、勝手に捕まえるという事もありません(飛んでくるホタルはいます)

小さなお子様はおススメかと思います。

 

最後に「新しい村」(参考記事

密度は低いですが、範囲が広く、より自然に近い環境で見る事ができます。

フラッシュ撮影などは少ないようです。というのは、係員が多く、その都度注意してくれるからです。

ただ、これは黙認なのか、容認なのか。

小さいお子様に限らず、大人(高齢者が多いですね)が、捕まえてしまうのですね。

持ち帰る事はしないと思いますが、たまたま目の前に来たホタルではなく、わざわざ草を掻き分けて捕まえるので、弱るでしょうし、しっかり見たい人には迷惑な行為と言わざるを得ないと思います。

それを避けるため、自分で観賞方法を工夫する(先に奥まで進む)すれば、落ち着いて観賞できます。

 

3ヶ所だけなので比較としては弱いですが、小さなお子様(ベビーカー)が行きやすい場所はありません。強いてあげれば岩槻城址公園ですね。

駐車場も空いていますし、出入りも容易です。

今年は寒く、少し風があったので「飛び回る」が見れなかったのですが、気候が良ければ「新しい村」が、一番見応えがあると思います。

 

私が小さい時は、わざわざ「ホタル観賞」なんてイベントに行かずとも、時期が来れば見られる場所がたくさんありました。

カブトムシ、クワガタも、いつの間にか「お金を出して買う」時代になっているようで、どんどん自然と人間の距離が離れているように感じます。

自然と親しむ環境、保護、それと合わせて「自然と親しもうとする考え方」が必要なのだと思います。

これから夏本番にかけて、できるだけ自然と触れ合う機会を作ろうと思います。

・・・・・と、虫が苦手なブログ主の独り言です(笑)

6/16 宮代町 新しい村 ホタル観賞

【施設名】新しい村

【所在地】宮代町山崎777-1(公式HP

*無料駐車場あり(今回は満車の為、近くの民営駐車場300円を利用)

 

農業体験や農家直売の野菜が買える施設です。

遊具などはありませんが、広い芝生広場があるので、よちよち歩きのお子様なら最適の遊び場だと思います。

TENが3歳ころだから、今から7~8年前はウサギが放し飼いになっていた(捨てられたのを保護したのかも???)のですが、今はいないようですね。

 

さて、今回の目的はホタル観賞です。

毎年、どこかしらのホタルを見に行っています。先に結論ですが、ここはおススメの会場だと思います。

f:id:s-tateguya:20180617085204j:plain

19時到着。オープニングイベントをやっています。

かなりの混雑です。

f:id:s-tateguya:20180617085332j:plain

芝生にブルーシートや簡易テントを出して、夕食を食べているご家族もチラホラ。

暗くなるのを待つので、小さいお子様連れは待ち時間の過ごし方も考えたほうが良いかもしれません。

 

19:30 ホタル観賞会場に移動。

f:id:s-tateguya:20180617085502j:plain

混んでますねぇ。当日は季節外れの寒さ(気温15℃前後)なので苦になりませんでしたが、暑い時期では辛いかも。

先ほどの広場から観賞会場までは2~3分ほどですが、人が多いので7~8名ずつ会場内に移動します。

 

ここで、会場の問題とは言いませんが、仕方ない部分と、多少の工夫で解決できそうな点、訪問する際、しっかり見たい方へのアドバイスです。

会場は田んぼの縁部分と思って下さい。

田んぼ用の農業水路周辺に、ホタルを放しています。

その距離は、直線距離にすると100m程度ですが、「直線」なので、往路、復路が同じ道なのです。側道があり、片道通行にする事も可能なのですが、その案内はありません。

f:id:s-tateguya:20180617092319j:plain

写真は会場の地図で、薄い青がホタル観賞会場。黄緑が側道(車道)です。繋がっていますよね。

青線の左から入場するのですが、そこからホタルがいますので、先に進まず入り口渋滞が発生します。

ホタルは奥に進んでも全く遜色なく、むしろ奥のほうがキレイに見えるのですが、なかなか先に進めません。

係員が「どんどん奥に進んでください」とアナウンスしますが、すでに立ち止まってホタルを探し始めているので、全く進まないのですね。

側道を使い、先に奥まで誘導してしまえばいいだけだと思いますが、施設管理のプロではなく、有志団体(NPOだと思う)ですから仕方ないですね。

 

しかも、当日は季節外れの寒さがあり、光も鈍かったようです。

(草に隠れて出てこない。飛び回らない)

それも、じっくり探さなければ見れない状況を作り、渋滞に拍車がかかったのかもしれません。

 

そこで、人ゴミを掻き分けてみるより、どんどん奥に進むことをおススメします。

人は少なく、比較的見やすいです。

それと、19:30開始なのですが、会場はまだまだ明るく、観賞しやすいとは言えません。

できれば20時過ぎに行ったほうが良いと思います。

(20時30分までがイベントなのですが、自然に放している状態なので、時間を過ぎても見る事は可能だと思います。会場は施錠されません)

それに、20時過ぎると、会場にある無料駐車場にも空きが出ていましたので、車で行くにも行きやすいと思います。

我が家は会場から徒歩5分程度にある、民間駐車場(300円)を利用しました。

 

f:id:s-tateguya:20180617092956j:plain

最近のデジカメは性能が良いですね。

もちろんフラッシュ無しで、真っ暗な状態での撮影です。マナーは守ります。

こういう「フラッシュはダメ」「懐中電灯はダメ」も、守って欲しいですよね。

 

先に結論を書きました「ココはおススメ」という点。

改めて時期にします。

 

 

 

 

 

6/10  清水公園③

水上コースを出て、目指すは「アクアベンチャー

噴水迷路で遊びます。

*別料金が必要です。

大人650円。4歳以上~小学生までで550円ですが、ファミリーセット(大人1人、こども1人)で1.000円に割引になります。

 

公園が広く、けっこう歩くのですが、高低差が少ないので、それほど苦痛になりませんでした。

日陰が多いのも幸いでした。

 

予め説明しますと「ずぶ濡れ」になりますが「更衣室」はありません。

なので、着替えは必須ですが、大人が遊ぶ場合は着替えのリスクを考えたほうが良いです。

と言っても、アスレチックに戻ってくれば更衣室がありますので「ずぶ濡れで歩く覚悟」があれば大丈夫です。

 

f:id:s-tateguya:20180610182311j:plain

迷路と言っても、それほど大きな規模ではありません。

噴水が出る箇所がタイミング次第で変わるので「ここは通れる」と思った瞬間吹き出てくる事があります。

迷路として楽しむより「噴水の遊び場」なので、こども達は水着になっている子が多かったですね。

 

ちなみに、同じ会場に立体迷路があります。けっこうな規模です。

我が家も参加しましたが、クリアするのに30分かかりました。

猛暑だと生命の危険があるかもしれません。水筒持参は必須ですね。

 

噴水迷路で遊び、立体迷路に参加。

クリアしてから、また噴水迷路で遊びクールダウン。

 

どちらの迷路も、必ずゴールしなければいけない遊びではありません。

噴水迷路だけ、立体迷路だけでも大丈夫ですし、立体迷路は途中で脱出も可能です。

(小学校低学年では厳しいレベルかもしれません)

 

水上アスレチック同様、暑い時期の遊びだと思いますが、こちらには大人はほとんどおらず、歩き始めくらいの子供も多かったです。

また、アスレチックとは無関係(アスレチックに入場する必要が無い)ので、ここだけで遊ぶことも可能。

隣にポニー牧場(こちらも別料金)もあるので、未就学児はコチラが中心かもしれませんね。

 

ここで1時間以上遊んで、帰路に。

アスレチックに戻り、更衣室で着替え。

ありがたいのが、シャワー(100円で5分)がある事です。

(使えるのは16時までかな)

15時30分くらいでしたが、男性用は半分程度の利用でした。

汗を流して着替えて帰る。これなら電車で来ても大丈夫かもしれません。

清水公園駅から徒歩で来れます)

 

閉園ギリギリでは混み合うと思いますので、着替えやシャワーは早めが良いですね。

 

こどもたちも大満足だったようなので、確実にリピートします。

でも、日陰とはいえアスレチックは猛暑だと厳しいので、時期は考えて来るつもりです。