こどもの遊び場体験記

さいたま市在住の2児の父親が独断で語る、こどもの遊び場体験記です

2/2 あしがくぼの氷柱 補足

開催期間も残り2週間。
書いておかないと間に合わないので、前の記事の補足になります。

当日の行動です。
目当てはライトアップでしたので、17時に現地に到着しているつもりで行動していました。
が、万が一駐車場に空きが無かった場合「どこかの駅に停めて電車で行こう」という考えもあったので、少し早めの16時に到着すべく、出発しました。

15:30。道の駅到着(第一駐車場)
ほぼ満車。空きをまってグルグル周回する車が数台。
実際には第二駐車場があるのですが、私もトイレに行きたかった都合もあり、空くのを待っていました。
5分ほどで1台空き、無事駐車。
トイレを済ませ、売店の営業時間(~17時迄となっていました)などを考えて、空腹対策に味噌ポテトを4本購入。

16:00。道の駅を出発し、徒歩で現地を目指します。
徒歩でと書きましたが、徒歩以外の手段はありません。
この日は季節外れの暖かさだった事もありますが、道自体も整備されていたので歩きやすかったです。
ウッドチップを敷き詰めた道でしたので、クッション性があって疲れにくいです。
が、ベビーカーは大変でしょうね。ベビーカーの方は抱っこのほうが無難だと思います。

靴は、スニーカーなら大丈夫でしょうね。
雪解け水や霜でドロドロというのも考え、こどもは長靴で行かせましたが、そこまで気にする必要は無かったかもしれません。

16:30。現地到着。大人は300円払って入場します。
と、「16時に道の駅出発で16:30到着」と書きましたが、歩きながら、残雪で遊んだり立ち止まった時間もあったので、大人の足なら半分の15分くらいだと思います。


f:id:s-tateguya:20190211163803j:plain

入場門という事では無いようですが、線路をくぐった先が、いきなりの氷柱です。

f:id:s-tateguya:20190211163921j:plain

まず、ここが混んでいますね。この先の予想ができませんから当然です。


私、壁1面が氷柱になっていて、それを眺めるだけだと思っていたのですが、実際は、氷柱で囲まれた道を登っていくイメージです。


f:id:s-tateguya:20190211164156j:plain

鳥居をくぐって、まだ先に進みます。
ここまでは全然序の口だったようです。けっこう見ごたえあったのですがね。


f:id:s-tateguya:20190211164304j:plain

f:id:s-tateguya:20190211164314j:plain

f:id:s-tateguya:20190211164321j:plain

f:id:s-tateguya:20190211164329j:plain

触れる場所に、落ちている氷柱もあって面白いです。
子連れなら、日没のライトアップ前に来たほうが、こういう遊び方ができて良いと思います。
ライトアップ後は混んでしまって、遊ぶ余裕は無かったです。


f:id:s-tateguya:20190204071647j:plain

17:00 頂上に到着。
売店があり、少しならお腹にたまりそうなものもありました。
しかし、思ったほど暗くならず、ライトアップもまだの様子。

頂上には、薪ストーブが数台とベンチがありました。
もちろん大混雑。
どうにか空いた席に座り、暗くなるのをじっと待ちます。

と、ここで父親目線の意見です。
トイレはありますが、とても混雑しています。
「できるだけ入場前に済ませたほうが良い」というのは分かりますが、寒さを考えれば思ったようにいかなくて当たり前ですね。
ですので「トイレは混んでいるし、かなり待つぞ」という事を前提に行動すべし、という事です。
こどもには、なるべく早めにトイレに行くように伝えたほうが良いですね。

それと、暖かい飲み物持参も重要だと思います。
水筒なら冷めにくいですが、缶やペットボトルは、すぐに冷めてしまいます。
少し飲みたいだけという事も多いでしょうから、大人も水筒持参が良いですよ。

17:30.だんだん暗くなり、ライトアップが始まりました。
「始まりました」と書くと、この時間に点灯したように感じますが、実際には、もっと早い時間から点灯はしているのです。
ただ、周囲が明るいので、ライトアップの効果が無いのですね。


f:id:s-tateguya:20190204071831j:plain

f:id:s-tateguya:20190211165813j:plain

f:id:s-tateguya:20190204071853j:plain


明るい時間に見たものとは全く違う世界です。
待った甲斐がありました。

戻り道は、着た道では無い別ルートもあります。
こちらのほうが歩きやすいようですが、敢えて、来た道を逆走して帰りました。


f:id:s-tateguya:20190211170032j:plain

鳥居は、ちょっと不気味な雰囲気(笑)
頂上からの景色を見てしまうと、入り口すぐの場所がとても物足りなく感じました。


f:id:s-tateguya:20190211170249j:plain

と言っても、充分な見ごたえですけど。

頂上から入り口まで、足を止めて眺めながら進んでも20分ほど。
18時ちょっと前には退場していました。

ここまでは大満足でしたが、道の駅に戻ってから、ちょっとした不満が。
先に書いておくと、道の駅に不満があるわけではありません。

道の駅に戻ったのは18時10分くらい。
この周辺には飲食店は少ないので、目に入った某ハンバーガー系のキッチンカーで夕食を買う事にしました。
勝手な判断だとは思いますが、ハンバーガーなので、それほど待つとは考えず、、、、

結果、完成まで30分です。
注文時、何も調理しておらず、間違いなく我が家以外の客はゼロ。
これほど待つと知っていれば買わなかったです。

こども達は、どうにか我慢して待ってくれたので、私が腹を立ててはいけませんね。
後味が悪い結果になりましたが、氷柱は感動、大満足。

2/2 あしがくぼの氷柱

f:id:s-tateguya:20190204071831j:plain

【イベント名】あしがくぼの氷柱
【所在地】道の駅果樹公園あしがくぼ近郊
*道の駅果樹公園あしがくぼ(横瀬町芦ケ久保1915−6)
*駐車場無料
【料金】おとな300円 こども無料

2019年1月5日(土)~2月24日(日)までの、期間限定の開催になります。 
月曜日~木曜日:午前9時~午後4時まで
金曜・土曜・日曜・祝日:午前9時~午後8時まで(ライトアップ点灯は日没から…およそ午後5時半ころから)

車で行くなら「道の駅果樹公園あしがくぼ」から歩くと便利。
(ここが最短のようです)

詳しくは加筆しますが、期間限定なので、取り急ぎ概要と写真だけ。
f:id:s-tateguya:20190204071605j:plain

f:id:s-tateguya:20190204071647j:plain

16:30頃、現地到着。
思ったより迫力がありました。
間近で見られますし、場所により、触ってもOKの場所があります。

しかし、ここで帰ったら後悔します。
寒さを耐え、せめて17時30分まで待ちましょう。

それは

f:id:s-tateguya:20190204071824j:plain

f:id:s-tateguya:20190204071831j:plain

f:id:s-tateguya:20190204071853j:plain

まるで違う世界に飛び込んだ感じです。
これを見てしまうと、先ほどまでの氷柱が物足りなく感じます。

スイマセン。友人に言われて急いでUPしました。
詳しくは改めて書きますので、しばしお時間ください。

1/5 長瀞⑥ おまけ

満願の湯から片道5~6分の場所に『秩父華厳の滝』というのがあるようで、ちょっと立ち寄る事にしました。
近くまで車で行けば、そこから歩いてすぐに見えるようです。

【所在地】秩父郡皆野町上日野沢3311−1
この住所は、目の前にある「秩父華厳の滝茶屋」の住所です。
ここで車を停めて、歩いていきます。
駐車料金は無料。15台くらい停められそうです。


f:id:s-tateguya:20190113155447j:plain

舗装はされていませんが、険しいという事はありません。
歩きやすい靴なら大丈夫でしょう。
大人同士のすれ違いはギリギリ可能ですね。


f:id:s-tateguya:20190113155606j:plain

駐車場から、歩いて5分くらいというアクセスの良さ。
水遊びもできそうですね。

落差13mの滝だそうです。
本家(日光)は97mだったと思いますので、規模は比べられません。
以前行った「黒山3滝」のほうが、規模、迫力、雰囲気とも良かったです。
自然のものですから、比べてはいけませんけどね。

そこから、もう少し歩いて進みます。


f:id:s-tateguya:20190113160003j:plain

何かを企んでいそうな二人組(笑)


f:id:s-tateguya:20190113160037j:plain

地理的には、滝のやや上というか、ヨコという場所に鎮座する不動明王
何とも言えない表情。。。。。

この段階で16時。
夕暮れが近づき、そろそろ退散。
Uターンラッシュもあり、行きは片道1時間30分程度(長瀞まで)でしたが、帰りは2時間超かかりました。
ナビのお陰で高速の渋滞は回避しましたけど、温泉の暖かさは無くなってしまいました(笑)

埼玉県民でありながら、秩父(市内ではなく、地域全体)というのは、それほど馴染みがある場所ではありませんでした。
数年前から「夏と言えば長瀞(長生館)の流しそうめん」となり、そこから「風布で水遊び」が定番になりました。
昨年から、「横瀬の小松沢レジャー農園」が加わり、ずいぶん来る機会が増えました。

それでも、まだまだ魅力的なところは多そうなので、今度は宿泊も考えたいと計画しています。

早いもので、TENは来年6年生。中学に進めば、今までと同じ生活とはいかないでしょう。
部活もあるでしょうし、友達との交友、行動も増えると思いますし、反抗期もあるでしょう。
そう考えると、残り僅かな時間になってしまうのかもしれません。

嬉しくもあり、寂しくもありますね。

秩父に限定せず、残りの期間を有効に過ごせるように、しっかり計画していきます。
もちろん、仕事をしっかり頑張って、軍資金も確保します。

1/5 長瀞⑤ 満願の湯

県立博物館を出たのが14時00分。
けっこう駆け足な感じですが、目当てがハッキリしていたので1時間の滞在で充分でした。
初の訪問の時は2時間くらい見ていたと思います。

この時間なら温泉に行けそう。
満願の湯を目指します。

【施設名】満願の湯(公式HP
【所在地】秩父郡皆野町下日野沢4000
【料金】 日帰り入浴として1000円(こども500円)
     3時間以内なら900円(こども450円)

f:id:s-tateguya:20190113121633j:plain


温泉施設なので、入り口の写真だけ。
駐車場は広く、停められない事は無さそう。
この日はけっこう停まっていたので「混んでそうだなぁ」と思いましたが、、、、、

男湯内は5~6人。空いていました。

実は、10年以上前に来たことがあり、同じ季節、同じくらいの到着時間でしたが、とんでもなく混んでいた記憶がありました。
浴室はそれほど広くないので、団体客が入ったら混雑して感じるかもしれません。
この日はゆったりでした。

しかし、熱い!
私は大丈夫ですが、こどもにはキツイ熱さだったようです。
まぁ、仕方ないですね。

もう少しゆっくり浸かりたかったですが、こどもが限界だったので早めに切り上げ、休憩スペースに。
この日は甘酒が無料でした(私、甘酒がニガテなので飲みませんけど)
料理の種類が豊富なので、お酒と一緒に食べたいなぁと思うレベルですけど、もちろん呑みません。

こういう施設に、こどもを連れていくのは、少し悩むことがあります。
温泉は問題ないですし、みんなで入るお風呂のルールを学ばせる機会にもありますから、積極的に利用したいという気持ちはあります。
しかし、心配なのは休憩所。
マナーが悪いお客様もいます。特にお酒を出す(旨いツマミがある)ところは要注意。
だらしなく呑み、食べ散らかし、大声で騒ぐ。
これを、どうやって処理するか。
こどもには「食べる時にウロウロしない。大騒ぎしない」など躾けていますけど、、、、

会話の内容も下品ですし。。。。

しかし、大人の世界なんてこんなものです。
これを知る機会と割り切るべきか。
ちょっと悩みますね。

続きます。

1/5 長瀞④ 自然の博物館

ぼたん鍋を食べ終え、予定では「宝登山に行ってロープウェイ」と思っていましたが、こども達に聞くと、それほど興味を持たず。
「じゃ、温泉は?」となったら大賛成。
そこで満願の湯を目指す事に。

千葉亭で会計をしていたら、

f:id:s-tateguya:20190113115929j:plain

このポスターに目を奪われるTEN。
宝石大好きです。

千葉亭からそれほど遠くないので、予定を変更し博物館に。

【施設名】県立自然の博物館(公式HP
【所在地】秩父郡長瀞町長瀞1417-1
【入場料】おとな200円 こども(中学生以下)無料
【駐車場】無料

f:id:s-tateguya:20190113120241j:plain

こども達は博物館も大好き。
ここは2度目の訪問ですが、前に来たのは2013年の夏ですので、FUKUは覚えていないかもしれません。
(この時、初長瀞流しそうめんでした。当時は空いていました)


f:id:s-tateguya:20190113120611j:plain

写真の編集が間に合わないので、当たり障りのない写真でスイマセン。


博物館の内容としては「長期間かけて来るほどでも無いかなぁ」というレベルですが、じっくり見ると半日くらいつかうかもしれません。
長瀞駅から数分の距離ですので、季節によっては「ライン下り」や「流しそうめん」とセットで行くとちょうどいいかもしれませんね。

お目当ての宝石もたくさんあり、TENは満足したと思います。
FUKUは、、、、ちょっと飽きていました。
兄弟でも、性格が違うのですよね。

続きます。

1/5 長瀞③ ぼたん鍋

f:id:s-tateguya:20190113113706j:plain

これを見て「そう言えば、秩父方面にもイノシシ鍋(ぼたん鍋)の店があったなぁ」という話になりました。
若い頃、家内(結婚前)と食べた記憶がありました。
そこで「長瀞の近くに無いかなぁ」と検索すると、、、、、

ありました。「千葉亭」です。
【店舗名】 千葉邸(公式HP
【所在地】 長瀞町井戸675−3
長瀞駅から10分ほどの距離です。
万が一、正月休みという可能性もあったので、電話して予約しておきました。


周遊舟から降り、少し遊んでから駐車場に戻ると

f:id:s-tateguya:20190113114121j:plain

偶然、SLの到着。
迫力ありますね。いつか乗ってみたいです。


駐車場から千葉邸まで移動。

f:id:s-tateguya:20190113114324j:plain


10分かかるかどうか、という距離です。
駐車場も空いていました。


f:id:s-tateguya:20190113114356j:plain

12時到着。
電話しておいた事もあり、到着後10分ほどで料理が登場。
コースで頼むと、鍋、サラダとごはん(おじや用)がセットになります。
ぼたん鍋コース」で、1人前¥3.000です。
*写真は2人前。

我が家(大人2人。5年生。2年生)で考えると、コースで4人前は多いと思います。
おじやが思ったより多いです。
おススメは、コース2人前と、イノシシ鍋単品(2.000/1人前)を1~2人前にしたほうが良いかなぁ。
ごはん(またはおじや)が不要なら、鍋の単品や、みそ焼きなどを組み合わせても良いかと思います。


f:id:s-tateguya:20190113115049j:plain

エゾ鹿のステーキ。これも珍しい。

イノシシやシカだけでなく、牛ステーキや、普通の定食など、いろいろなメニューがあります。
お子様連れでも行きやすいですが、先に電話しておいたほうが良いと思います。
(待ち時間が少なくて済みます)
それと、、、、、不満ではありませんが、店内、とても寒いです。
広い部屋なので、暖房が効きにくいのかもしれません。
当日は暖かい日でしたが、外より寒くて、、、、

防寒対策は必要ですが、美味しくいただき満足でした。
ちょっと贅沢でしたね。

続きます。

1/5 長瀞② こたつ舟

順番が前後しますが、周遊の場合は駅前の駐車場に車を入れられます。
夏と違い、それほど混雑していないので、すんなり停められると思います。
近くの民間駐車場も、夏なら500円だった場所が200円と値下がりしていました。


f:id:s-tateguya:20190113112311j:plain

引きで撮った写真なので、顔は分からないですよね?

ようやく乗船となりました。おおよそ30分待ち。
当日は季節外れの暖かさでしたので、待つのに苦痛は少なかったですが、寒い時はキツイでしょうね。
まぁ、もっと寒ければ、それほど混まずに待ち時間も少ないのかもしれませんが。


f:id:s-tateguya:20190113112725j:plain

同時に2台(若しくは3台)運行しているようです。
ゆったり2~30分。
ライン下りとは違いスリルは無いですが、ゆっくり楽しむなら良いですね。

長瀞駅から乗船所まで、風情あるお店が並んでいます。
夏は流しそうめんを食べるので、今まで別のものを食べた事はありません。
駅を挟んで反対側に進むと「宝登山」があり、そちら側ではうどんをいただきました。
これも美味しかったので、今回は「お蕎麦も美味しそうだしなぁ」と、計画していたのですが、、、、、、

話は前日に戻り、某テレビ番組で「イノシシ鍋」が放送されていました。

f:id:s-tateguya:20190113113607j:plain


これで計画変更です。

続きます。